WP-Plugin / MSLS Grouping

Download

«English»|«Japanese»

«English»

You can multilingualize by “Multisite Language Switcher” with grouping the sites of the plural same languages.

 
“Multisite Language Switcher” is very attractive plugin.
However, It may not be available for your site plan.

* Site A (English) http://example-site.com/
* Site A (Japanese) http://example-site.com/jp/
* Site B (English) http://example-site.com/siteB/
* Site B (Japanese) http://example-site.com/siteB-jp/
* Site C (English) http://example-site.com/siteC/
* Site C (Japanese) http://example-site.com/siteC-jp/

“Multisite Language Switcher” cannot tell the difference between site A, site B and site C.
Therefore you cannot connect the language when there are site A, site B, site C.

“MSLS Grouping” adds “group_key” to settings of “Multisite Language Switcher”.
For example, you set “group_key” with “SiteA” or “SiteB” or “SiteC”.
You can limit a language site in a group by doing this plugin.
You can display only the first site when there are multiple same language sites in a group.

And, it provide shortcode “SameLangSites” and widget “SameLangSites”.
You can output the list of different groups of the same language.
For example, “SameLangSites” of “site A (English)” lists ” site B (English)” and “site C (English)”.

* Site A (English) => Site B (English), Site C (English)
* Site B (Japanese) => Site A (Japanese), Site C (Japanese)
 
And, it provide “Language” column on the Table of Sites in network.
And, it provide “Language Flag” in Admin-Bar.

Download

«日本語»

複数の同じ言語のサイトをグループ分けすることで、”Multisite Language Switcher”を使って多言語化できます。

 
“Multisite Language Switcher”は大変魅力的なプラグインです。
しかし、サイトプランに使えない場合もあります。

* サイト A (英語) http://example-site.com/
* サイト A (日本語) http://example-site.com/jp/
* サイト B (英語) http://example-site.com/siteB/
* サイト B (日本語) http://example-site.com/siteB-jp/
* サイト C (英語) http://example-site.com/siteC/
* サイト C (日本語) http://example-site.com/siteC-jp/

“Multisite Language Switcher”は サイトA ,サイトB と サイトC の区別がつきません。
そのために サイトA ,サイトB, サイトC があると言語の関連づけが出来ません。

“MSLS Grouping”は”group_key”を”Multisite Language Switcher”の設定に追加します。
例えば “SiteA” あるいは”SiteB” あるいは”SiteC”のように。
言語サイトをグループで制限することができます。
グループ内に同じ言語サイトが複数ある場合は 最初のサイトのみ表示します。

おまけとして、ショートコード「SameLangSites」とウィジェット「SameLangSites」を提供します。
同じ言語の異なるグループのリストを出力します。
例えば 英語の”サイトA”の「SameLangSites」は英語の”サイトB”と英語の”サイトC”を表示します。

* サイト A(英語) => サイト B(英語), サイト C(英語)
* サイト B(日本語) => サイト A(日本語), サイト C(日本語)

加えて、 「ネットワーク」-「サイト」に「言語」欄を追加
加えて、 アドミンバーに言語アイコンを表示

Download